一般財団法人 鳥取県教育関係職員互助会公式サイト 鳥取県内の公立学校教職員のための情報サイトです。

お問い合わせはこちら

   
福利厚生事業
文化・研修・リフレッシュ事業
 
1 目的 文化的向上を目的とした芸術鑑賞、元気回復を目的としたスポーツ施設や保養所の利用や鍼、灸、マッサージ等理療施設の利用に対し、助成します。 
2 補助額 4月1日を基準日として、次のとおり補助します。会員1人当たり13,000円
3 補助券の交付 所属所長を経由して、会員に交付します。
なお、年度中途に会員になった者については、「文化・研修・リフレッシュ事業補助券交付願」により交付します。
4 利用方法
  1. 会員及び会員と家族が、補助券に記載の各事業を利用するとき、補助券を提出して利用してください。
  2. 利用金額が提出した補助券の金額を超えるときは、差額料金を添えて利用してください。
  3. 利用金額が提出した補助券の金額に満たないときは、利用できません。
  4. 補助券は再発行しません。
  5. 契約施設等で使用しない場合は、「文化・研修・リフレッシュ事業補助金交付申請書」に、補助券及び領収書を貼付して、理事長あてに提出してください。ただし、貼付した補助券の金額が、領収書の金額に満たない場合は、補助券に相当する金額を補助します。
  6. 旅行券、商品券等の購入はできません。
  7. 補助券の利用は、年度内に利用したものを対象とします(旅行会社で使用する場合も、年度内の旅行に対して補助券の対象とします)
  8. 補助券は他人に譲渡できません。
5 直接利用できる施設

文化関係事業一覧施設・旅行・スポーツ関係施設等一覧

6 利用期間 毎年4月1日から翌年3月31日までとします。
 
リフレッシュ旅行事業
 
1 目的 心身のリフレッシュを図ることを目的に旅行業者を利用して旅行する者に助成します。
2 助成対象者 会員期間が15年以上の者で今年度退職者又は退職予定者
3 助成額 1人当たり30,000円
4 助成金の請求方法 該当者に旅行券を配付します。
 
  
  1 目的

不妊治療のうち体外受精及び顕微授精(以下「特定不妊治療」という。)に要する経費の一部を助

成します。

 
2 助成対象者

法律上の婚姻をしている者で特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないかまた

はきわめて少ないと医師に診断された会員又は配偶者

3 助成額

治療に要した費用から都道府県及び市町村が助成を行う金額を控除した金額

(1年度あたり100,000円を限度)

4 助成金の請求方法

治療終了後、@の不妊治療助成金交付申請書にA〜C(Cは該当者のみ)の書類の写しを添付して、請求してください。

なお請求は、治療の終了した日の翌年度末日までに行ってください。

書類名

記載および

発行について

書類入手方法
@ 不妊治療助成金交付申請書
本人が記載

・互助会ホームページ「様式集」よりダウンロード

・互助会へ電話等で取り寄せ

A

特定不妊治療受診証明書

(鳥取県申請様式第3号)

受診した医療機関が記載のうえ証明

・県のホームページよりダウンロード

・県のホームページ記載の「申請・お問合せ先」へ

 電話等で取り寄せ

・県指定の医療機関へ申し出

B 特定不妊治療に係る領収書
受診した医療機関が発行  __
C 県および市町村から助成された金額のわかる書類
県および市町村が交付  

 __

ご不明な点は、一般財団法人 鳥取県教育関係職員互助会までお問い合わせください。
  電話番号:0857-26-7940
 
 
  トップページへ ページ上へ